株式会社 シーエーエー

全国有数の規模を誇る
中古車オートオークション

中部会場イメージ

沿革

1987年 08月 株式会社中部オートオークションを設立
1988年 05月 オークション会場オープン(第1回オークション開催)
1998年04月 株式会社シーエーエー東京を設立
1998年07月 映像オークション+完全2レーン化を実施
1999年07月 「CAANET」サービスを開始
1999年10月 株式会社シーエーエー東京がオークション会場オープン
株式会社オートサーバーと業務提携し、「ASNET」と接続
2000年11月 「CTNET21(現ワンプライス)」サービスを開始
2001年01月 株式会社オークネットと業務提携し、「ライブオークション」と接続
2002年02月 株式会社アイオークと業務提携し、「アイオーク」と接続
株式会社シーエーエー東京を吸収合併し、
同時に商号を株式会社シーエーエーへ変更
豊田市の会場を「中部会場」、柏市の会場を「東京会場」と呼称
2004年04月 株式会社JUコーポレーションと業務提携し、「JU入札ネット」と接続
2004年08月 中日本自動車総合卸センター株式会社の全株式を取得し吸収合併、
「岐阜会場」と呼称
2005年06月 株式会社ジェイ・エー・エーと業務提携し、ネットサービスを相互接続
2005年11月 子会社、株式会社シグマネットワークスを設立
2005年12月 トヨタ自動車株式会社及び株式会社トヨタユーゼックと資本・業務提携
2006年04月 株式会社アイ・エー・エーの全株式を取得し子会社化
株式会社トヨタユーゼックと会員の相互化を開始
2006年05月 中部会場新築建替/完全4レーン化を実施 「CAANET」と「CTNET21」を統合し、株式会社シグマネットワークスが「現車会場.NET」サービスを開始
2006年11月 「現車会場.NET」がリアル応札サービスを開始
2007年01月 株式会社アイ・エー・エーの商号を株式会社シーエーエー東北へ変更し、
「東北会場」と呼称
2008年01月 「現車会場.NET」と株式会社トヨタユーゼックの「T-web」を相互接続
2008年10月 株式会社トヨタユーゼックと会員の相互化が概ね完了、
会員数26,000社突破
2010年01月 株式会社ベイオークと業務提携し、会員の相互化が概ね完了、
会員数30,000社突破
2010年05月 評価点自動算定システムを導入 出品車両状態票をデジタル化
2011年05月 株式会社トヨタユーゼックとセリシステムのセンター共有化を開始
2012年05月 「現車会場.NET」が共有在庫サービス「ストックワンプライス」を開始
2013年01月 中部会場8レーン開始
2014年08月 「現車会場.NET」と株式会社トヨタユーゼックの「T-web」を統合し「TC-webΣ」としてサービスを開始
2016年01月 株式会社トヨタユーゼックとセリシステムのセンター共有化が完了
2016年05月 荒井商事株式会社と業務提携し、ネットサービスを相互接続
2017年08月 東京会場4レーン開始

ページトップへ